ホーム » つれづれなるまま » 肌トラブルがひどい時にメイクするのは、

肌トラブルがひどい時にメイクするのは、

肌トラブルがひどい時にメイクするのは、迷いますよね。
メイク用品の注意書きにも肌が正常でないときは使わないでくださいと書いてあるものです。でも、UV対策だけは絶対にしておきましょう。下地や粉おしろいのようなものを軽く付けておく方がベターです。
後、できるだけ紫外線を避ける生活を目指しましょう。
炎症を起こした状態のニキビは、顔を洗う場合などにちょっと指が触れただけでも痛みを感じてしまいます。
そのため、炎症を起こしている場合は、どんなに気になっても絶対に指で触らないでください。
触ると痛いからというだけではなく、雑菌が指から入って、もっと炎症がひどくなることがあります。
顔を洗う回数は1日に何回がベストなのかご存知でしょうか。
答えは1つ、朝と夜の2回です。
3回以上の洗顔は肌に悪影響をおよぼしてしまう要因となります。
すればするほどその分汚れが落ちるわけではなく、最高2回までというのがきれいな肌への道に繋がっていくのです。ニキビを予防するために大切にしないといけないのは、雑菌の温床にならない環境をつくることです。
ファンデーションのパフに汚れが付いたまま、例えば、枕を長年洗っていない、手で肌に触る等の行為は、顔に雑菌を塗っているのと同じなのです。いつもに清潔にできるように意識していきましょう。人より弱い肌の場合は、荒れやすい肌だと一括りにする事には無理がありますが、お肌に抵抗が掛からず、しかも肌のタイプに合った化粧品で、スキンケアを心掛け事が大事です。
環境の変化や体の状態によって、肌コンディションが変化しやすいというのも、敏感な肌の悩ましいところです。使う時のお肌の状態に合わせて、丁寧にお手入れをするようにしましょう。皮脂腺の炎症を防ぐために、毎朝、フルーツを摂取するようにしています。季節季節、の旬の果物をどのような状況でも食べています。
フルーツを摂取するようになってから、肌を見てくれる人が多くなり、生理前でも、最近は吹き出物が発生しなくなりました。便の通じが良くなったことも、ニキビができなくなった原因の一つと考えられるかもしれません。ヨーグルトはニキビに良くないといったことが言われていたり、逆に良いとされますが、こういったような情報の真偽というものは明らかではありません。特定の食品にこだわるのではなく、日々栄養バランスの取れた食生活を心がければ、ニキビ予防になると思っています。たとえ敏感肌だったとして、スキンケア商品の敏感肌用を使えば良いというものではありません。
お肌の状態は人それぞれで違ってきますので、肌状態が敏感になっている場合には、必ず使う前にパッチテストを行ってください。
そして、肌の水分を失ってしまわないためにも洗顔を正しいやり方で行うことが重要となってきます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です