ホーム » 2018 » 2月

月別アーカイブ: 2月 2018

姉が現在のアパートから実家である

姉が現在のアパートから実家である我が家に戻ってくることになりました。

移り住むため、私と母が、引越の前日に荷物を整理する手伝いに行きました。10年住んでいた部屋らしく、不用品の数が計り知れない事になっていました。実家に持っていかないものを売ってしまうと、軽トラの荷台の約半分になり、思ったよりも楽に引越できました。

引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、当日や前日に、いわゆるドタキャンをしてしまうことにより、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。引っ越し業者は見積もりを作る時点で、キャンセル料金について、その発生条件などを説明しなければなりません。
ですがこれを、書面だけで説明されてしまうと書類をしっかり読まないと気付けませんから、予約を入れたらそのタイミングで、キャンセル料について詳しく尋ねておくべきではないでしょうか。毎日快適に生活するために必要な環境は、住居内で終わるわけではありません。隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶を欠かさず行ってください。
無難なおみやげを用意して挨拶に伺いましょう。

簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、好印象を与えるようにしてください。第一印象を良くすることが肝心です。

引越し業界の頂点です、引越しのサカイ、そう、その名の通り、本社は大阪府堺市。「勉強しまっせ引越しのサカイ、ほんまかいなそうかいな」というフレーズでおなじみのCMも、引越し料金を比較して他の大手引越し業者より安く、作業が丁重なので、何度もご利用いただくお客様も多いようです。運搬してもらう費用は、運んでもらう距離や荷物がどのくらいあるかによって決まる基礎となる運賃と人件費や作業に必要な資材の実際の費用とエアコンの設置や取り外しに必要な料金や不必要なものを処分する費用などのオプション料金で定まってきます。実際、引っ越しの際、服などが衣装ケースに入っていると楽に運搬ができます。私のオススメはクリアなプラスチックの衣装ケースです。

これなら、中身が見えるので大変便利です。

引っ越しを行うと、荷物のどこに何が入っているのか、しばらく分からない状態になったりもしますが、衣装ケースに入れておけば、そんな心配がなくなります。冷蔵庫のような、大きくて重量のある家電を運んでいるのを見ていると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。段差に引っかけて落下させてしまい、壊れてしまったという状況は最悪ですから、可能な限り、丁寧な仕事をしてくれそうな業者を選びたいと思っています。引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、運がいいのか、荷物をぞんざいに運ぶような業者に遭遇したことはありません。また、引っ越し時の家電の破損について、補償されることになっていますから、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせず作業はお任せしてしまった方が、得になる気もします。

引越しの前日にしなければいけないこととして怠っていけないのは、冷蔵庫にたまっている水を抜くことです。

水抜きに自信のない人は冷蔵庫のコンセントは最低限抜くべきです。当たり前ですが、中には何も入れないでください。
そうでなければ、当日冷蔵庫が動かせない可能性もあります。引っ越しを決めたのに伴い、エアコンを処分する事に決めました。
普通の賃貸ですと、エアコンの設備があります。今住んでいる場所は、古い寮のため、エアコンを付けるなら各自で買わないといけませんでした。

寮なんかじゃなく、賃貸の方にすればよかったとほとほと後悔しています。引っ越しを契機としてNHKを見なくなるという事情があり、受信料支払い契約を解除したい場合、自宅に受信機がないという証明が必要になるなど意外と手間がかかるものです。受信料を口座引き落としかクレジットカード払いにしている場合、NHKとの間に解約が成立するまで容赦なく受信料が引き落とされます。

他の手続きよりも早めに解約に着手するしかありません。私が転居したアパートはペットが住めないアパートです。しかし、このところ、お隣から猫の鳴き声が聞こえてくるように思いました。大家さんもそれを確認しており、幾度も苦言をていしたようですが、「一緒に住んでいない」と言うばかりで困ってます。

未婚時での引っ越しは、大きな電化製品や家具もなく、引っ越し業者に頼まずにできていました。けれど、結婚してから引っ越しを行うとなると、冷蔵庫や洗濯機などの家具や電化製品が大型になり、大掛かりな作業となるため、業者にお願いをしました。引っ越し業者にお願いすると、電化製品の設置までやってくれるので、自分で引っ越しをするより楽でした。最近引っ越したのですが、当日までの準備は大変でした。
それまで住んでいたのはマンションだったので、引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。
しかし、近所への引っ越しだったので自分で運べそうなものを残しておいて何日もかけて何回にも分けて台車に載せ移動するという流れでした。

本当に、台車にはお世話になりました。私たち一家が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物と一緒に荷造りするか悩みました。

自分たちには車があったので、主人が細かい荷物や必需品と同じくパソコンものせて新宿まで持っていきました。パソコンはどれほど梱包しても、もしも、誰かが起動させたら、個人データが沢山あるので、かなり心配だったからです。さていよいよ引っ越しの段取りを立てないと、という時には業者選びも大事です。数が多いので困ってしまいますが、どこそこを利用したい、などという思い入れも特にないのなら世間によく知られている大手業者を選ぶのが安心できるのではないでしょうか。大手といえば、例えばどこかということでしたら、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。

名のある大手ということで、会社が大規模である分、利用客もやはり大勢いるわけです。

ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし安全かつスピーディに、仕事を済ませてくれるのではないでしょうか。
引っ越し業者は天草で